メニュー

矯正治療について

顎変形症の治療


写真は下顎前突症の方で、下顎が大きすぎて咬むことが十分にできていません。 外科的矯正治療の方針で下顎を切って後退させた結果、最終的に噛み合わせだけでなく横顔も綺麗にバランスがとれていることが分かります。
通常は、矯正(術前)⇒手術⇒矯正(術後)となり、全ての治療費には保険が適用されます(指定病院に限る)。

治療前
治療前の歯
治療前の顔
→
治療後
治療後の歯
治療後の顔

口蓋裂の治療


唇顎口蓋裂の患者さんで、上顎が後退して歯列も狭くなっています。 矯正治療の他、上顎を前に出し、下顎を後退させる手術を行いました。
最近では、唇顎口蓋裂の他にもダウン症など頭蓋や顎顔面の異常がある方にも保険治療が適当されることになりましたので福音です(厚生労働大臣が定めている疾患)

治療前
治療前の歯
治療前の顔
→
治療後
治療後の歯
治療後の顔

リンガル矯正


リンガル矯正矯正装置が全く表からは見えないように、歯の裏側に装着して治療をします。
歯の裏側では、視野が狭く矯正操作が難しくなるため技工操作や手間がかかります。 そのため、表側の装置に比べ2倍程度の費用となります。
 
装置の弊害として、舌が装置に触れて喋りにくい、歯が装置に当たり咬みづらい、などがありますが、徐々に慣れていきます。

インプラント矯正


インプラント矯正歯科のインプラントは、金属の人工物(人工歯根)を骨の中に植立させて欠損した歯あるいは歯列の補綴を行うもので、従来のブリッジなどによる支台歯のエナメル質削除や負担増などを回避するものとして適用されています。
 
骨の中に埋め込まれた人工歯根は、生着すると押しても引っ張っても動きません。 この点に着目して矯正治療での固定源(歯を動かす場合に固定となるもの=動かしたくないもの)に利用したのがインプラント矯正です。
インプラント(固定源)となるものは、金属プレートや金属ネジがあり、矯正治療が終了すれば撤去されます。
 
一般歯科のインプラントと異なるのは、簡単な手技で埋め込みが可能で、埋め込んだ直後から力をかけて歯を動かすことができます。
これまでは、固定源を確保するために患者さまに対し長い時間ヘッドギアなどの装着をお願いしてきました。 しかし、患者様はこのような苦痛から解放されますし、術者では非協力による固定源のロスを心配しなくてもよくなります。

インビザライン


目立ちにくい・透明・取り外しOKな矯正システム

インビザライン装置は透明に近いマウスピース型をした「アライナー」と呼ばれ、約2週間ごとに次の治療ステージ(歯の移動を変化させたもの)のアライナーに順次交換しながら、最終的にあなたの歯をきれいな歯並びへと導いていくものです。

インビザラインの特徴

  • 1目立たない(透明)
  • 2取り外しができて衛生的
  • 3金属による悩みも解消
  • 4患者様一人ひとりにカスタマイズ
  • 5世界中で認められている(220万人以上の利用者)
  • 殆どの不正咬合の方に適応できますが、やはり向き不向きがあります。歯科矯正医の診断が必要です。
  • アライナーは、矯正歯科医の指導の下、基本的に一日20時間~22時間の装着が最も効果的です。食事と歯磨きや装置の清掃時は外して構いません。しかし、最近材質が改良されて、食事でも装着可能となっています。

当院ではデーモンシステムを導入しております


デーモンシステムのメリット

  • 1弱い力で効果的な歯の移動ができます
  • 2治療メカニクスがシンプルです
  • 3非抜歯治療の比率が増えます
  • 4歯槽骨が好ましい反応を示します
  • 5痛みが大幅に軽減されます
  • 6治療期間が短縮されます
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日