メニュー

BLOG

お子様の「歯列矯正」は、早期治療をおすすめします


12才頃を基準に「歯列矯正」の方法が変わってきますので、その話をいたします。
だいたい、12才ごろになると、永久歯が生え揃い大人の歯並びになります。

「歯列矯正」をするとなると、永久歯は、根っこがしっかりしているので、矯正して動かすことに、長い時間が必要になります。
12才までの治療では、成長過程の筋肉など機能を利用して治療を行います。
この時期は、必ずしもワイヤーを使用するわけではなく、取り外しができる装置を使うことも多いです。

つまり、固定式のワイヤーに比べて、お子様側の負担が少なく、メンタル面や、食事のときの負担も軽くすみます。
お子様が気にする面といえば、見た目(メンタル面)や、食事のときの負担、装着時の苦痛感だと思いますので、その点を軽くしてさしあげたいと考えます。

早期治療をする方が、安定もよく、歯並びが悪くなる可能性も低くすみ、さらには経済的な負担も少なく済みます。
お子様をお持ちの親御さんには、お子様の歯を一度ゆっくり見ていただきたいと思います。

また、お困りのことがありましたら、ぜひ当院にご相談くださいませ。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日