メニュー

BLOG

第二小臼歯の埋伏


16歳の女子高生。左側の第二小臼歯が生えてきません。
パノラマレントゲンで観察しますと、歯は先天欠如ではなくありますが、骨の中に横に倒れていて位置が良くありません。

正常な萌出時期は11歳前後で、それなりの生える空隙はありますが生えてこないので「埋伏」となります。
先ずは、自然萌出を期待して、当該歯の歯肉粘膜を切開し開放しました。通常は、これで生えてきます。
しかし、変化がないので、開放した歯冠部にボタンをつけて矯正ワイヤーにて牽引・誘導することにしました。
3ヶ月ほど経過しましたが、それでも動きません。
そこで、3DCTを撮影することにしました(写真参照)。

これを見ますと、第二小臼歯の歯冠部は、すぐ隣の第一小臼歯の歯根の裏側にあり、歯根部は歯列を交叉する格好で第一大臼歯の口蓋側にあります。単純に歯列の中に牽引したのでは、第一小臼歯の歯根とぶっつかり、動きにくいことが分かります。

次は、口蓋側(上顎の天井側。歯の裏側)からアプローチしてみることになりました。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日