メニュー

BLOG

歯科レントゲンCT導入


昨日、友人の歯科に矯正治療で行きました。私より2歳上の同級生ですが、最近、レントゲンCTを購入しました。
早速、新患の方(9歳女児)が見えましたので、撮影したところ、従来のパノラマレントゲン写真では分からない情報が得られました。

患者様の主訴は、上顎左側切歯(前歯)が一本、内側に生えており、咬むと下の前歯の裏側に来る反対咬合になっていました。この状態では、自然治癒はありません。矯正治療が必要な状態です。
幸い、この歯を歯列内に誘導する隙間がありますので、単純な歯の移動で済みそうです。装置も一つで済みそうです。

側方の歯はまだ乳歯なので、最終的には永久歯列が完成した時に再診が必要です。できれば、永久歯列期での治療は不要な状態まで、誘導していく計画です。装置は、取り外し式装置を想定しています。
そのための検査でしたが、問題の歯とは反対側にある歯が、ポツンと外側に傾いているのです。CT写真から、犬歯が押していることが分かりました。特に、治療上の問題はありませんので、当面は観察をしていきます。

CTの機器は決して安くはありません。また、友人はこんな設備投資をしても、自分の知りたいことを追求する姿は賞賛ものです。見習わなければなりません。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日