メニュー

BLOG

口元を下げる外科矯正治療


本日、連携病院形成外科より、新規患者さんが来院されました。
30歳の女性で、主訴(最も気にしているところ)は、上下口元の突出でした。

お顔を横から拝見しますと、確かに口元が出ています。いわゆる”両顎前突”という診断名になります。
お口の中は、歯並びに凸凹などの乱れがなく、とてもきれいで、かみ合わせも適切です。

治療方針としては、
前歯を下げれば、それにつれて歯槽骨の形態も変わり、口唇も下がります。もっと美人になるでしょう。
前歯を下げる量によっては、大臼歯を後方に移動する、途中の小臼歯を抜く、などの方法がありますが、今回は、上下4本の小臼歯を抜いて、手術的に上下の骨を後退させ、その後の空隙閉鎖や咬み合せの完成のために矯正治療を行う計画も用意されています。
 
患者様には、治療期間短縮だけではなく、入院、手術による痛みや腫れなどのリスク、手術費用、などのメリット・デメリットを簡単に説明させていただきました。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日