メニュー

BLOG

乳歯反対咬合の患者さん


最近、乳歯列期の患者様、特に受け口(反対咬合)の患者様に対し、積極的に機能的矯正装置であるムーシールドや、EFline(いーえふらいん:いろんな種類があるためこのような呼び方に、写真)を推奨しています。

上下顎の大きさに不調和がある骨格性反対咬合の場合でも、1~3ヶ月の早い装着期間で、前歯の咬み合せ(前歯の被蓋)が改善される例が殆どです。
しかし、最近、3ヶ月ぶりに来院された患者様で、切端咬合までしか治っていなかったのです。これでは咬めないので、咬む場合は、相変わらず下顎が前に出て受け口になっています。
使用中のムーシールドを見ますと、若干の咬み跡がついていますし、夜間のみの使用だそうです。
そこで、昼間の2時間増加を提案してみました。次回が楽しみです。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日