メニュー

BLOG

高齢出産、リスク要因解明ーたんぱく質の減少がー


女性が年齢を重ねるに連れて、ダウン症などの染色体異常の出生や不妊、流産の頻度がどうかする要因の一つが分かったと、藤田保健衛生大学の倉橋教授らの研究グループが発表しました。

研究グループは、染色体どうしを連結し、染色体数を正常に保つたんぱく質【コヒーシン】に注目。高齢になるほどこのコヒーシンが減少していることをつきとめました。

倉橋教授は「コヒーシンの減少を防ぐ方法が開発されれば、高齢妊娠での染色体数以上のリスクを軽減できる」と話しています。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日