メニュー

BLOG

「出っ歯」には原因があります。


 今日は、「出っ歯」についてお話したいと思います。

上顎と下顎の生まれ持った骨格が原因とされています。つまり、上顎よりも下顎の方が小さいためにも出っ歯になります。
また、子供の「指しゃぶり」や、舌の癖などの悪い生活習慣が引き金になることも多いでしょう。

「指しゃぶり」や舌の癖によって、上の前歯を前に押し出す力がかかるために、上の前歯が傾いていき、歯が飛び出してしまうのです。
それから「出っ歯」の人は、意識をしなければ、口が閉じられません。

そのため、いつも口がポカーンが開いていたり、横から見ると、唇をとがらせているように見えます。
表情がよくないと思われることがあるかもしれません。
「出っ歯」は小児矯正からできますので、できるだけ、早い段階で治療しましょう。

というのも、子供のころの歯列矯正は、、顎の成長をコントロールできます。
顎の成長を適切に導いて治療すると、いい位置に永久歯が生える可能性が高くなり、キレイな歯並びになるでしょう。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日