メニュー

BLOG

八重歯は抜かずに矯正歯科治療を行う


日本人は、八重歯があるとかわいらしいと思う人が多いのではないでしょうか。
しかし、他国では八重歯というと鬼の歯であったり、吸血鬼を連想されるということで、この八重歯を治療してしまうケースが多いようです。

この八重歯のことを犬歯というのですが、糸切り歯として使っている人もいらっしゃるかと思います。
顎が小さくて永久歯が重なって生えてきてしまうということがあるのですが、その場合にこの犬歯を抜くということはしません。
犬歯は歯の中では最も根元が長くて、笑顔になった時に口元を引き締めてくれる歯であることと、この犬歯を抜いてしまうと老けて見えてしまうということもあります。

そのため、犬歯の後ろにある第一小臼歯を抜いて矯正をしていきます。
このように、日本では口元を引き締めてくれて糸切り歯としての役割も果たしてくれる犬歯は、なるべく残していく治療を行っていきます。
それから、歯というものは鉄よりも硬いといわれています。

しかし、普段の歯磨きの時に横磨きで強く当てていたり、歯ぎしりや咬み合せが悪かったりして歯にストレスがかかってしまい、エナメル質が剥がれてしまったりすると、歯肉のラインが下がってしまい歯が削れてきてしまいます。

こうなると、知覚過敏の症状として現れてくるのですが、一度ご自身の歯の状態を確認していただき、ソフトな歯磨きを心がけるようにしていただきたいと思います。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日