メニュー

BLOG

38歳、男性会社員の方のご相談


初診相談でお見えになりました。気になるところは「前歯の歯並び」
 お口の中を拝見しますと、左側は上下とも綺麗に並んでいましたが、右側の糸切り歯が八重歯状態です(矯正用語では、上顎犬歯の低位唇側転位といいます)。そして、下の前歯も凸凹(叢生という)になっていて、上下歯列の正中線(左右の真ん中)は、不一致で、上が右に偏位(位置が変わっていること)していました。それに、残念ながら、歯茎が下がり、歯が長く見えています(歯肉退縮)。

ご本人は、目立たない装置がいいが、治療期間が短くなるなら固定式装置でも可、ということでした。
どうして治療期間が気になるのか、お伺いしましたら、「転勤」とのことでした。
既に、本社に長く勤められ、そろそろ順番として転勤の辞令が出されるのではないかと、お考えのようでした。
その時期は、不明で、何処に赴任かも一切分からないようです。

ざ~っと、拝見しましたら、右側の八重歯の犬歯は、このままでは並ぶ隙間がないので、その後の小臼歯の抜去が必要なようです。そして、上下、左右の咬み合せを考えますと、4本抜去になりそうです。
治療期間は、最低でも2年と見積もりました。

しかし、ご本人は「1年くらいで治る」と思われていたようです。途中で登院を転院するとしても、全国展開のチェーン店ではありませんので、新しいところでは、別途、費用がかかります。
患者様は、「矯正の治療期間いついて教えていただいてよかったです。それに、矯正治療のお話も丁寧に聞けて感謝します」と、帰られました。

私は、力不足を感じるとともに、この方の矯正はいつできるのだろうと考えました。サラリーマンは厳しいですね。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日