メニュー

BLOG

小児矯正治療は何から治療をはじめるのか


当院は矯正歯科を品川区で開業しております。
よく質問されることですが、矯正治療は子どもの矯正を幼い頃にはじめると、どんな治療からはじめるのかという事です。

今回はその矯正治療について書いていきたいと思います。
幼い頃、例えば小学校入学と同時に始めた方の場合ですと、永久歯全てが生え揃うまでと生え揃った後で治療の方法が変わります。

生え揃う前を前期、生え揃った後を後期と考えた時、前期では骨格矯正、後期では歯列矯正がメインとなります。
前期でも例えば前歯が出ている場合ですと、前歯を抑える装置をつけたりしますが、まずは顎のバランス、歯のかみ合わせを中心とした治療になります。

何故なら永久歯は乳歯に比べ歯の大きさが大きくなります。
幼いうちに顎のバランスを整え、顎を大きくすることで、永久歯を抜かなくてもすむ場合もあるからです。

そして、顎を整える事でかみ合わせも良くなり、顎への負担が軽減され、将来、顎関節症に悩まされることもないかと思います。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日