メニュー

BLOG

35年振りに患者さんと対面


昨日、お子さんの不正咬合で、お父さんが一緒に来られました。
このお父さんは、なんと今から35年前に私が矯正治療をしたという。
お顔を拝見して直ぐ分かりました。小学生の時の顔が浮かんできました。
症例番号も思い出します。

お話では、セカンドオピニオンを得たいと。
内容は、某矯正歯科医院にて、乳臼歯の早期脱落による大臼歯の前方移動を改善するために矯正治療が必要だと言われたが、検査で前歯に埋伏過剰歯の存在が分かり、抜歯を薦められたと言う。
そして、口腔外科に紹介され、その埋伏過剰歯を抜くには全身麻酔が必要だと聞き、再び矯正に戻ると「抜かなくともよい」との返事。
全身麻酔や、抜かなくてもよいという曖昧な治療計画に、不信感を抱かれたようです。

まずは、3DCTにて、過剰歯の位置を確認してもらいましょう。抜歯が必要かどうか、必要ならどの時期が適切か、など専門的な意見を聞かれては如何でしょうか?とアドバイスいたしました。

それにしても、態々、遠方から受診されて有難い事です。立派なお父さんになっておられました。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日