メニュー

BLOG

顎変形症で矯正しましたが、後戻りしました


矯正治療終了後、あるいは、保定時に歯や顎が変化し、元の不正の状態に変化することを”後戻り”と呼んでいます(完全に戻ってしまうことは、ありえません)。

そこで、その対応ですが、その状態を見て、部分的矯正で済むか(殆どの場合は、これに該当します)、全体的な再治療が必要かの見極めが重要になってきます。

さらに、装置の選択も大事な要素になります(見た目の問題、固定式か可撤式かなど)。

さて、顎変形症の方はどうでしょう? 再手術? 再矯正? 保険は効かないの? など。

顎変形症の場合は、一回の手術の時にしか使えないなどとの風評があるようですが、それは間違いです。

再治療の場合であっても、保険は適用されます(手術と矯正に)。

 

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日