メニュー

BLOG

部分矯正


こんな記事がありました。”最近、部分矯正が増えている”と。

記事(広告の類)の冒頭です。

そんなことは、ありません。

記事の中で、矯正医も述べているように、大きな叢生(歯の凸凹)があり、小臼歯の抜歯が必要な場合などは、全体の矯正が必要であると。

部分とは、1歯から2歯くらいのまでの範囲で不正がみられるものとなります。悪いところがあるのに、治すところが部分である、というのは単に見てくれを治しているだけで、本来の治療とは考えにくいです。

中年になって、最近、下の前歯の捻じれや凸凹がひどくなってきました。20代のころと比べると、前に出てきた感じもします。治したいのですが、部分矯正で大丈夫でしょうか?

歯というものはもともと少し前に傾いています。それは、顎の運動やかみ合わせが上下の垂直的な動きではないからです。

年齢を重ねていくと歯を支える歯槽骨が吸収し、歯を支える力が弱くなり、病的な場合では動揺してきます。歯を後方から前に押し出す力が常に働いていますから、歯の捻じれや重なりで崩れたU字型の綺麗な形態は、ますます悪くなっていきます。

このような状態で、仮に前歯だけ治しても、あまり意味がありません。ひどくならないうちに、予防的に、歯列全体を綺麗に整え、きちんとしたかみ合わせに戻さないと、姑息療法では悪くなるばかりです。

料金や装置の範囲だけではなく、きちんと検査を受けることが大事です。そんな簡単に考えてはいけません。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日