メニュー

BLOG

部分矯正で考えること


患者さん目線で考える矯正治療とは?

集客数を上げるために、20~30代女性のプチ美容整形的なものは、如何ですか?と某サイト制作会社の人がおっしゃいいます。

それは、そうかもしれません。
一、二本の不正の歯並び矯正なら、全体の装置でなくて済むし、その分、治療費も安くなる。目立たないように取り外しの装置で治せるかもしれません。

この様な治療の対象になるのは、混合歯列期の前歯の捩れとか、本格矯正治療後の軽度の後戻り変化、などでしょう。固定式装置でも、取り外し式装置(可撤式装置)でも治せます。
しかし、実際はこの様なケースばかりではありません。

患者さんご自身では、部分的な問題と理解されていても、専門的に見ると簡単ではないことが多いのです。
下の前歯の凸凹であっても、歯を並べる隙間がない、後方の歯にも凸凹があったり、下の前歯を綺麗に並べると上の前歯と当たり、上の歯も治さなければならないこともあります。見た目の問題改善にはなるかもしれませんが、咬合や後方の歯列不正をそのままにして、中年の方の歯列崩壊(前歯の凸凹)の改善や、今後の悪化防止には効果がありません。
部分矯正、または、限局矯正とも言いますが、そんなに簡単ではありません。矯正専門医とよくご相談ください。プチ美容整形とは、内容が異なるのです。

治したいことは十分お聞きしますが、治し方は、患者様のそのままおっしゃるとおりにはできないことがあります。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日