メニュー

BLOG

遠方より来たる、患者さん


”友、遠方より来たる”

昨日、8歳の女の子が初診で見えました。主訴は、前歯の凸凹。

住所を拝見すると、G県から。紹介欄を見ると、HPからとある。

なぜですかとお母さんにお尋ねしたら、地元の矯正医から「隙間がないから、歯を抜く治療になる」と説明を受け、驚いて”歯を抜かない矯正医”を探されたとのことでした。

実際のお口の中を拝見しますと、確かに下の前歯が重なって生えています。原因は、顎の大きさに比べて歯が大きいことと説明しました。

たぶんこのまま放置され、永久歯列期になると抜歯の可能性が高いと思われます。しかし、このような若い年齢で、抜歯をすると非抜歯治療を断念するのは勿体ない話。結果的にそうなっても、何らかの努力をしていれば諦めもつく(この部分は、私とお母さんの意見が一致)。

私が推奨するお子様の矯正治療は、2段階法です。第一段階の若い時期では、歯の隙間を作ったり、上下の顎関係を良好な関係に誘導する。そして、永久歯が完成した時点で、チェックする。そこで初めて、必要なら、抜歯もする。仕上げは、マルチブラケット矯正装置などですが、第一段階の内容によっては、治療をしないで済むこともありますし、部分的な矯正で完成することもあります。

先ずは、抜かない方針で頑張ってみましょう!

注意:決して抜かない矯正がベストではありません。総合的な判断から、やむなく抜歯のあります。

 

 

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日