メニュー

BLOG

遊走犬歯


中国からのニュースです。埋伏した犬歯が目の神経を圧迫したことが原因のようです。

上顎の右側(レントゲン写真は左側)にある犬歯が、通常の位置から大きく外れて、目の方まで移動しているのがわかります。このような状態を”遊走犬歯”と呼びます(福原先生)。

しかし、この犬歯の遊走の原因は、何でしょうか? 乳犬歯は吸収されずに残っています(晩期残存)。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日