メニュー

BLOG

虫歯菌と脳出血


虫歯の原因菌として知られるミュータンス菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表しました(論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載)。
国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。

研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれるミュータンス菌を培養。
このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あり、磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。

 

大塚論評:さて、口のなかにはそれこそ、ごまんと細菌が存在しています。歯磨きをすれば虫歯にはなりにくくなりますが、止血作用を阻害する菌を減らすわけではないと思います。また、止血作用も必要ですが、逆に血栓を形成することにも繋がることがあり、プラスもマイナス効果(血が止まらない、血が固まる)もバランスが重要だと思います。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日