メニュー

BLOG

若い女性は、ハーフがお好き?


ハーフと言っても、ハーフリンガルのことです(笑

リンガル矯正装置は、歯の裏側に装着する固定式ワイヤー矯正法ですが、当然、表からは見えませんね。ところが、下顎の方は、上顎に比べて口を開けた際に見えにくいことから、裏側でなくとも表側でよいという考え方になります。さらに、装置に目立たない白いブラケットやワイヤーを使うと分かりにくくなるのです。このような組み合わせを、上下フルリンガルではなく、上のみのハーフリンガルと呼ばれています。

実は、術者にとって、下顎の裏側の装置調整が易しくないのも理由の一つでもありす。

この言葉は、ネット検索で出て来ているようです。

昨日の日本矯正歯科学会(札幌)の業者プレゼンの中で、T社・社員の妹さんが矯正治療を始める際の希望だったそうです。社員の男性も全く同じ組み合わせで矯正治療をされていたので、その影響大だそうですが、ネットでも検索されたとのことでした。

私の考えでは、その組み合わせがベストではありません。上下見合えないようにするには、フルリンガルでなくて、アライナーという装置があります。

費用も、治療期間もほぼ同じだと思います。ただし、アライナーの方にも適応症があります。こちらは、取り外し可能な装置ですし、裏側に装置がないためしゃべることの影響は皆無です。

如何でしょうか?

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日