メニュー

BLOG

社交ダンスくらいできなくては


ノーベル賞受賞者には、自由参加だけどダンスパーティがあるそうです。
日本人の場合、公式であってもご夫人とパーティに同席する機会は殆どないし、ましてや一緒に社交ダンスなど。したがって、日本人のノーベル賞受賞者の方は、誰一人として躍ったことがないといいます。
日本人初のノーベル賞受賞者の湯川博士は、唯一、ダンス会場で和服のご夫人と一緒の写真がありますが、全く踊れなかったようです。
しかし、欧米の社交界では当たり前のこと。教養とまでは言いがたいですが、身に着けておくべきもののようです。
かくゆう私も踊れません(笑

私が歯学部大学生のころは、男女が知り合うきっかけになるのは、今のような合コンはなく、専らダンスパーティで、パーティ最後にムーディな音楽に合わせて踊る社交ダンス風、チークダンスはカップルのためのものでした。踊れる人は羨望の的でもありました。

まあ、平成の時代ですが、日本国民の男尊女卑の風潮や、研究者は研究だけをやっていればよしとする考え方などあって、このままだといつまでたっても社交ダンスの上手な受賞者は生まれてこないでしょうね。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日