メニュー

BLOG

矯正装置とトランペット演奏


当クリニックでは、矯正治療を混合歯列期の治療と永久歯列期の治療と分け、それぞれを第一期治療、第二期治療と分けて呼んでいます。

お子様の矯正治療の場合、最終的には、大人の歯になって綺麗に並んで、しっかりと咬んでいるか、ということが治療のゴールになります。そこで、第一期の治療は、永久歯が歯列内に適切に萌出してくるように、生える場所つくりや、上下顎の成長コントロールを行います。そして、できれば、第二期治療が不要になるようにと。

さて、このようにして第一期の治療が終了した患者様に、第二期の治療が必要かどうか診査しました。第一期の治療の効果で、殆ど綺麗に並んでいます。しかし、わずかに前歯のねじれが残っていました。そこで、ワイヤーの装置を部分的につけて治す治療を提案したところ、以前から考えていた中学に入って部活でトランペットをやりたいとおっしやいます。

そこで、春休みの入学前に上顎の4前歯にワイヤーの装置をつけてみました。3か月経過して、来院されましたが、「全く問題はない」とのご回答でした。トランペットは唇に押し当てるので、装置による口唇の粘膜への圧痕や傷が心配されましたが、何の影響もなかったようです。

結論として、矯正装置をつけていてもトランペット演奏は可能、ということであります。勿論、歯並びの状態や、演奏の質など、何らかの関連があるかもしれませんが。

次回に、上下の装置(マルチブラケット装置)が入る予定です。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日