メニュー

BLOG

矯正装置が取れました!


矯正装置が壊れることがあります。

取り外し式装置を置いていたら、愛犬が咬んじゃった。

装置を踏んずけて、変形させた、は余りないです(洗面台の排水溝に流した、というのもあります)。管理の問題ですかね。

やはり、一番多いのは、マルチブラケット装置(ワイヤーの固定式装置)です。歯に接着したブラケットというものがあり、その脱離です。

通常、歯の外周にはエナメル質があり、その中に接着剤が入り込んでブラケットを固定しています。簡単には、固いプラスチックですから、嚙む力には及びません。嚙む力は体重ぐらいの力がかかるときがあります。また、このようにある一定以上の力がかかると外れる方が、歯や顎関節に負担過重ならずに安全だともいえます。

接着の固さは、用いる接着剤や、接着面の形状や物性(天然歯か、金属冠、ポーセレン冠などでは天然歯より低下します:外れやすい)、接着面の乾燥や接着処理剤の濡れ、など様々です。また、初期の不正咬合の状態で、ブラケットを解剖学的に正常な位置につけても対抗歯に当たっている場合は、外れやすいです。

外れた場合は、ご連絡ください(脱離を放置しても大丈夫な場合は、次回に再接着することもあります)。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日