メニュー

BLOG

矯正治療は永久歯になってからって、言われましたけど


8歳の女の子。学校の歯科検診で、不正咬合をチェックされたので、近くの歯科医院へ。

そこの院長の見立ては、

前歯が凸凹ですね。矯正治療が必要ですね。しかし、まだ後ろの方には子供の歯が残っていますので、全て大人の歯並びになったら、矯正歯科を受診しましょう。歯を抜くかもしれないですよ。

これを聞いたお母さんは、不安になり当院を受診されたのです。

お口の中を拝見すると、確かに前歯に凸凹があります。しかし、将来、歯を抜くようになるとは思えない程度です(今からの治療で)。奥歯の咬み方は正常です(出っ歯や受け口の咬み方ではない)。

お母さんには、当院の二段階の治療についてご説明し、『先ずは今の時期(混合歯列)にやることがあります。治療は、取り外しのきく装置で、歯にやさしく、とても単純な装置です(勿論、専門的な検査・診断の後に確定)。おそらく、永久歯列期での複雑な針金の装置(マルチブラケット装置)は、不要になる可能性が高いですね』と。

お母さんは、安心して帰られました(笑

成長がキーワードです。

歯列や顎の骨の成長、歯の交換、柔軟性、などの利点があり、不正咬合の治療に効果的です。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日