メニュー

BLOG

矯正治療における早期治療の考え方


先日、メールにてお問い合わせがありました。どっちが良いのでしょうか、と。

お子さんは、乳歯列期にある5歳の男の子。

乳歯は綺麗に生えて問題はない。しかし、前歯が大人の歯に生え変わるときに、凸凹(叢生:そうせい)になるだろうから、早めに歯列拡大などの矯正治療を開始した方が良いのではないか,とA先生からのアドバイス。

それを受けて、B先生に相談したところ、まだ早いのではないか? 永久歯の生えるのに先んじて歯列を広げる治療は、想定外のことが起こるかもしれないし、前歯が永久歯になってから始めるべき、とのアドバイスを頂いたそうです。

そこで、私への問い合わせがあった次第です。

上記のように乳歯列期に矯正治療を行うのを”早期治療”と呼んでいます。ただ、これは、歯科矯正学の中のことで、「早期発見、早期治療」という概念とは若干異なります。

矯正の開始時期として、最も多いのは、混合歯列期でしょう。

私のクリニックでは、乳歯の患者さんを治療することは多くありませんが、以下の基準に照らして治療を開始しています。以下は、その条件です。

①今の不正を放置しておけば、悪くなるか? yes

②治療をすれば、それを防いだり、治したりできるか? yes

③その治療は、今でないといけないのか? yes

 

矯正治療のゴールは、すべての永久歯がキチンと咬みあっていて、綺麗に並んでいること、です。

永久歯は、乳歯の下と乳臼歯の後方に生えてきます。予測はできますが、永久歯が完全に生えてきた状態を確認し、評価しなければなりません。乳歯の時に良くても、永久歯も良いとは限りません。早ければ、良いとも、早ければ早く終わるとも言い難いのです。

上記の質問では、私は、前歯が永久歯に生え変わった時点で、評価し、問題なら矯正治療を開始しましょう、とお答えしました。

乳歯の前歯が隙間なく綺麗に生えていると、殆どの場合、永久歯が生えると凸凹になります。それは、乳歯より生えてくる永久歯の方が大きいからです。空隙が重要です。

 

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日