メニュー

BLOG

矯正の装置がお口の中で当たって痛いーギシグー


矯正装置、特にマルチブラケット装置(針金の装置)の出っ張りや結紮線(ワイヤーをブラケットに固定する細い針金)の切端が出て、口腔内の粘膜を傷つけることがあります。

初めて装置をつけた場合などに起こりやすいトラブルの一つですね。これは、これら装置の周りに歯垢などが付着して、ある意味なだらかになったり、擦れた粘膜も硬くなったりして慣れてくることが多いのです。

そこで、医院以外のご家庭でのSOS対策として、これらの部分を何かで覆う方法があります。昔から使われている物は、ワックス(柔らかい蝋)です。しかし、これは接着性に乏しく、硬さや弾力性もなく、また唾液などがありますと、全くくっつきません。使い物になりません。

最近、矯正患者さんの間では人気のようで、今や楽天やAmazonでも”ギシグー”として販売されています。原理は、シリコン製ですので、柔軟性があります。ただし、シリンジから出てくる2種類のペーストを指先で捏ねて連合させ、装置が外れないような形で覆わなくてはなりません(凹凸あるアンダーカットなどの部位に入り込むように)。ここが難しいところです。

ギシグー

写真は、ペースト状に練和したものを、引っかかって落ちないようにブラケット部に押し込んでいるところ。ただ単に、ノリのようにペタンと平面的に張るだけでは、接着剤ではないので維持できません。イメージはゴム粘土を落ちないようにくっつけるように、です。また、操作時間がありますので、硬化してしまうと形状が変化せず、入り込まなくなりますので注意が必要です。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日