メニュー

BLOG

”後戻り”に部分矯正(限局矯正)を


マルチブラケット装置などで、完璧に仕上げたようでも、装置を撤去しますと顎の位置や咬み合わせ、歯並びが変化をします。それを防止するため”保定”が適用されるわけですが、保定装置には、大きく分けると器械保定と自然保定があります。器械保定から自然保定に移行していきます。

保定装置(器械保定)には、固定式と可撤式があります。

患者さんが気にされるのは、前歯の歯並びのことが多く、歯の捻じれや凸凹が発生することが少なくありません。

私の経験では、『捻じれた歯の修正には時間がかかり、また戻りやすい』です。長期の保定が必要だと思います。

ところで、別のお話ですが、ブライダル矯正みたいなものがあります。結婚式前に歯を綺麗にしようとするものでしょうが、部分矯正でできない場合が少なくありません。

例えば、1本だけの捻じれ。両隣の歯に挟まれている場合は、捻じれているものをまっすぐすると横幅をとるので、それに見合う空隙がないと並ばない理屈です。

そして、興味あることは、治療前にあんなに見た目を気にされ、『目立たないものに』と言われていたのが、結婚式が終わると「別に気にしない」となります(笑

まあ、いろいろですが、部分矯正でお悩みなら、大塚矯正歯科クリニックにお問い合わせください。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日