メニュー

BLOG

子供が口呼吸してますが、


あるお母さんからのお問い合わせ

7歳の男の子。幼いころから自然と口が開いています。寝てる時もそうです。今は、健康ですが、悪影響が出ないのか心配です。口呼吸にどんなリスクがあるのでしょうか?

口呼吸(専門的には、コウコキュウ、と呼びます)。これに対して、正常なものは鼻呼吸(ビコキュウ)。

通常、鼻で呼吸しますと、吸い込んだ空気が湿り、鼻腔内の鼻粘膜や鼻毛で埃や細菌を付着させることができます。口呼吸では、これができないので風邪などをひきやすくなります。

 原因として、いつも習慣的・慢性的に鼻が詰まっている場合は、耳鼻科医に相談すべきです。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因の場合は、治療で症状が良くなれば口呼吸も治ります。鼻の奥にあるアデノイドや喉の奥にある扁桃腺の肥大が原因のこともあります。

 歯並びが原因のこともあります。また、上記の問題と複合している場合もあります。ここは、矯正医の出番です(笑

 出っ歯(上顎前突)の方では、歯が出ているために口唇が閉じにくいのです。口唇や頬など、口腔周囲筋の活動が低下していますと、出っ歯になります。また、上下の歯が開いた状態ともなり、そこに舌が出てきます(開咬と舌突出癖)。鼾も掻きやすくなります。指しゃぶりとも関連があります。

結構、複雑なことがあります。治療は、その原因にあった対応をすべきです。鼻が詰まっているのに、テープで上下の口唇を閉じるのは拷問です。単に、口腔周囲筋の使い方が不十分の方は、トレーニング法で解決することも可能です。

ご心配な方は、耳鼻科的なチェックの上、矯正医を受診されてください。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日