メニュー

BLOG

今日は、節分の日。恵方巻き食べる?


TVでは、恵方巻きのことを紹介している。しかし、この太い巻き寿司を食べるようになったのはほんの最近のことで、もともと関東にはこんな風習はない(九州も)。しかし、東急線の駅のコンビニやおすし屋さんなどには広告が出されているし、クリスマスやハローインみないな感じ。キリスト教徒でもない多くの日本人が商業ベースに乗って、盛り上がっているだけかも。まあ、景気浮揚策としては良いのでしょう。

そもそもこの恵方とは? また、この恵方は、年によって方角が変わるのをご存知だろうか?

女神である歳徳神の在する方位恵方(えほう、吉方、兄方)、または明の方(あきのかた)と言い、その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされることから、この方向に向かって恵方巻きを食べるとよいとのこと。

Wikipediaによると、近年、関西を中心として立春の前日の節分の日に恵方を向いて「太巻きの丸かぶり」が行われる事がある。これを恵方巻の風習として2000年頃 から日本各地で宣伝やキャンペーンを開始するにあたり、日常的な16方位による簡便な説明をしており、甲とすべき所を「東北東」、丙とすべき所を「南南 東」と言い換える例が多くなっている。甲・丙などといった方角表記になじみがなくなってきたためともされるが、これでは方角が正しくない。たとえば甲は東 から北よりに15°だが、これは東北東(同じく22.5°)より7.5°東である。なお32方位で表した東微北(同じく11.25°)よりは3.75°北 である。しかし、巻き寿司にこだわらない人がいるように、正確な恵方にこだわらない人や正しい方角を知らない人もいる。

因みに、今年は、庚(かのえ)の方向で、大まかには西南西の方向。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日