メニュー

BLOG

上顎前歯の空隙が心配な女児


本日の新患の7歳女児。お母さんが上顎の前歯の隙間が気になると、連れて来られました。

お口の中を拝見しますと、上あごの中央の切歯の間に隙間が空いています。これは中切歯と呼びますが、通常、乳歯の切歯4本が交換するのは7~8歳の時期。まだ2本だけで、横に生えてくる側切歯の萌出はありません。

成人の方の場合、上顎の左右中切歯が開いているのを”正中離開”と呼びますが、お子さんの場合で、このような前歯の交換の時期は、醜く隙間が空いているのが生理的に正常です。これを歯科では、”醜いアヒルのこの時代”、と呼んでいます(醜くとも、将来的に、側方の歯の交換とともに空隙が閉鎖して綺麗になるから)。

しかし、いくつかの部分的な原因があって、自然には良くならない場合があります。

一つは、この正中部に過剰歯があって埋まっているような場合、次は、側切歯が生まれつきない方(先天欠如)や、矮小の方。さらに、正中部に上唇小体(唇と歯肉を結ぶひも状のもの)が発達して入り込んでいる場合、それから、乳歯の時に打撲などで歯肉の下にある永久歯の歯胚が影響を受けた場合などが考えられます。たまに歯と歯の間に鉛筆などを入れて弄ぶ癖が原因になることもあります。舌を前に出す癖の方も心配ですね。

直ぐに検査すれば、原因がある程度特定できますが、ここは焦ることなく、4本の切歯が生えてから判断しても遅くないです。少し、様子を見てみるのも一法です。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日