メニュー

BLOG

上の犬歯の生える隙間がない


もうすぐ10歳になる男の子。まだ上顎の犬歯は生えていませんが、歯科医院の先生から、左右の犬歯が生える隙間がないから、将来、矯正治療が必要になりますね。歯を抜くことになるかも、...と。

 

拝見しましたら、丸丸一本分の隙間がない状態です。凸凹がないので、歯並びは綺麗。

さて、如何しましょう?

いずれ、針金の装置(マルチブラケット装置)で治すことになりそうですが、このままだと小臼歯の抜歯は避けられない模様。

しかし、犬歯も、第二大臼歯も生えていないので、すぐには針金の装置はつけられない。抜いて、歯が生えるのを待つのも一法。

しかし、待ってください。まだ10歳。第二大臼歯も生えていないのなら、抜かない方針も可能性があります。抜かない方針で治療して、ダメだったら、その時抜くこともできます。勿論、最初から抜くのとは違って回り道ですが、永久歯列が完成した時の状態で抜歯も納得いくことでしょう。

 将来の凸凹が予想される場合には、早い段階だと一本も永久歯を抜かないで歯列内に誘導できる可能性が高いのです。

 矯正は、永久歯になってから行う(ベストの時期)、というのはすべてに当てはまるものではありません。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日