メニュー

BLOG

オーラル・フレイルとは?


Oral Frail「オーラル・フレイル」とは、直訳すれば「歯・口の機能の虚弱」ですが、これは、東京大学高齢社会総合研究機構の辻哲夫教授、飯島勝矢准教授らによる、食環境の悪化から始まる筋肉減少を経て最終的に生活機能障害に至る構造の研究で示されているものです。

ここでは、歯科の役割がとても重要とされています。日本歯科医師会の提唱する8020運動。80歳までに少なくとも20本の歯を残しておこう!というものです。

歯の本数が少なくなると、柔らかいものを食べるようになります。柔らかいものは、炭水化物・甘いものが多い、となりますから、噛まない=ボケる、糖分の過剰接収=糖尿病、という構図が考えられます。

今朝、TVでやっていましたが、ステーキなんかは18本以上ないと咀嚼できないでしょう。老化は止めることはできませんが、進行速度を抑えることは可能です。適度な運動と、栄養のバランスを考えてしっかりと食べる。歯を大事にしなくてはなりません。

私のクリニックの隣のビルに、今度、ステーキ屋さんができるようです。前は、ドラッグストアだったのですが、いきなりです(笑

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日