メニュー

BLOG

イーエフラインなら、大塚矯正歯科クリニック(品川、目黒)


ってなっているらしいです。業者の方が教えてくださいました(笑

私は、主として本装置を混合歯列期の患者様に適用しています。

そもそも、歯の種類によって、矯正治療時期を分類する考えがあります(無歯顎の方には、矯正ができません)。

乳歯列期、混合歯列期、永久歯列期、が代表的なものです。

例外的に、口蓋裂の患者さんで、口唇閉鎖、口蓋閉鎖手術前にやる矯正がありますが、生後、2~3か月の時期なので歯は生えていません。このような時期では顎矯正という治療になります

 

話を戻しまして、私がこのEF-ラインを使うのは、永久歯列の歯の誘導や正しい咬合わせへの誘導を目的としています(二期治療のうちの第一期治療と呼んでいます)。次に来る永久歯列期の矯正治療(第二期治療)が簡単に済むように、あるいは、全く必要ないように、と考えています。

主なフィロソフィーは、簡単な装置で、取り外し可能なもので(歯の捻じれなどの細かい治療は後で解決できる)。

ここ数年で治療した患者様が多くなり、それなりの成果が出ていますので、最近は、少し難しい症例にもチャレンジしています。例えば、上顎前突で、前歯の凸凹がひどい方、など。

しかし、全て、なんでも、どなたでもOKではありません。そこは、歯科矯正の専門的な診断と評価が必要になります。

本治療の概要は、YouTubeの動画でご覧いただけます。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日