メニュー

BLOG

インビザラインのアタッチメント


当クリニックでは、海外にてインビザラインの治療を開始された方が日本に帰国され、その継続治療をお引き受けしています(提携契約)。

依頼内容は、PVS印象を採ったり、アタッチメントの接着、IPS施術、口腔内・顔面写真撮影などを行っています。本日、依頼業務の中でアタッチメントの設置がありました。

アタッチメントは、歯面に小さな三角形や四角形の高まりを形成して、計画した歯の移動のコントロールをする重要なものです。材質は、コンポジットレジン、言わばプラスティックで、虫歯の治療に使われるもので安全であり、殆ど目立ちません。

一般的に、最初のアライナーから設置することが多いのですが、途中から設置する場合もあります。

この時、歯の決められた位置に、決められた大きさのものを形成して設置しますので、設置専用のテンプレートが必要です(テンプレートの形状は、アライナーと同じで、アタッチメントのところは凹となっています。厚みが薄い)。治療の途中からの場合は、新しく交換着用するアライナーで代用できます。

しかし、患者さんが両方ともご持参されないと、当方として処置ができないのでご注意が必要です。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日