メニュー

BLOG

インビザラインで治したいのですが


新患の方がいらっしゃいました。

成人女性の方ですが、以前、米国にいる際にインビザラインをご覧になり、帰国後、やりたい気持ちが募り、ついに決心されたそうです。やる気満々なのが、こちらにも伝わってきます。

症状は、上顎前突ですが、何とか非抜歯で治せるのではないかと思っています(診断は、これから)。

検査のために来院していただきましたが、歯型を二度取りました。一つは、治療の結果を予測するset up模型で、もう一つは、現状のかみ合わせをみるためです。さらに、診断で治療計画が同意された場合には、アライナー製作のためにシリコンによる精密印象を取らなければなりません。

当クリニックでは、まだ、歯科の3Dスキャナーを導入していないので、シリコン印象が必要になります。

一方、一般歯科の方では、既にCADCAMとして、模型をスキャナーで読み取って、修復物を製作しています。

私も折角診断用模型があるのだから、これをスキャナーで読み取って、アライナー製作に利用できないかとアライン・テクノロジー・Jに問い合わせました。

その回答は、NOでした。日本では、iTeroのデータ以外対応していませんというものでした。海外では、別の器械にも対応しているのに(いつも日本は遅れている)。

 

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日