メニュー

BLOG

アライナーは、やっぱりインビザライン!


本日、GC社の方が来訪されました。

内容は、TRANSCECLEAR(r)の紹介。clear plastic applianceとなっていますが、所謂、アライナー、あるいはマウスピース型透明の装置です。

このような装置を製作する会社は世界中に相当数あります。しかし、現状では、歯の表面に装着するマルチブラケット装置(固定式のワイヤー矯正装置)で治療可能な症例と同等とまでは行きませんが、それを80%程度はカバーし世界的に圧倒的なシェアを有するのはインビザライン(アラインテクノロジー)で、他者の追随を許さないようなレベルです。

ところが、最近、歯の印象や、直接、口腔内のスキャナー読み取りで、治療用のセットアップモデルをソフトウエアで作成するところが増えてきています。日本でトップのシェアを有するASOアライナーは、人手によるセットアップ模型です。歯科治療にもデジタル化の波が少しずつ押し寄せてきています。

今回の、GC社のトランスクリアは、そのセットアップモデルを、石膏模型か印象から作成します。iTero(r)という口腔内専用スキャナーデータでも可能との事。しかし、適応症は、前歯部に限局した経度の不正咬合。抜歯などが必要であったり、前歯部より後方にある歯の移動は、現状では限界があるようです。

考え方を変えて、ちょっとしたした歯の移動程度なら、インビザラインに比べて費用が安いので、有用かもしれません。私のクリニックでも、最近、男性でインビザラインを希望される患者様が急増しています。理由は不明(笑

いずれにしても、これらの装置には適応症がありますので、矯正医との相談が必要ですね。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日