メニュー

BLOG

『矯正装置を外してください!』


今週、2件ありました。

一つは、明日、卒業式だから。

私は内心、「おいおい、そんな無茶な。」

通常、歯を動かす装置によって計画通りにきれいに歯が並びますと、当然外します。しかし、きれいに並んだ歯でも、矯正装置を外してそのままにしておきますと、矯正治療する前の状態に戻ろうとする動きがあります。これを”後戻り”と呼びます。

折角、時間もお金もかけて、長期間つらい思いもあったでしょう、それが直ぐに前の状態に戻ってしまったらどうですか? 治療する私も悲しくなります。

そのために、矯正治療では、歯を動かした後では、歯を良い状態に安定させておく治療の段階に入っていきます。これを保定(ほてい)と呼びます。

この保定も治療期間が必要です(数年)。私の考えでは、長ければ長いほど良い、です。基本的には、取り外しが可能な保定装置を使用していただき、長い期間をかけてゆっくり外していくようにします。

幸い、この患者様は、卒業式後、再度、装置をつけて仕上げることを了解してくれていますので一安心。実際は、未来院の期間が2年間だったので、本来なら外れているはずでした。その他、結婚式があるので、というものもありますね。

もう一人のケース。

この方は、もともと名古屋の方で治療されていて、お仕事の関係で上京されました。電話で、装置を外したいからと、予約が入りました。

来て頂きましたが、マルチブラケット装置が装着され、完全には終了していませんでした。しかし、接客業のため、一日も早く外したいと言われます。本来なら、前の矯正医と連絡を取って処置をするべきですが、外したいの一点張り。そこで、外した後のことは自己責任ということで、とりあえず上顎のみ先に外し、下は、歯列間に空隙が残っているから、それを閉じて外した方が良いのではないかと、説得しました。矯正医として問題点を確りと説明する必要があります。

そして、本日、保定装置の印象を取り、二週間後に外すことになりました。

*矯正治療で歯を動かしたら、必ず保定が必要です。忘れないで下さいね。

五反田の矯正歯科「大塚矯正歯科クリニック」

テーマ:
03-3445-4182
お問い合わせ
電話番号
03-3445-4182
受付時間
月火水金 10:00~13:00 / 14:30~20:00
土 9:00~12:00
木日祝 定休日